毛穴に詰まる!?ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

髪や頭皮に優しいということを聞いて、ノンシリコンシャンプーを使っているという人もいるでしょう。ただ、シリコンやノンシリコンとの違いがよく分からないという人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。この記事を読めば、しっかりとノンシリコンシャンプーのことについて知ることができます。

本当に良いノンシリコンシャンプーを選ぶための方法も合わせてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!
それではまいりましょう。

そもそもシリコンとは?


シリコンとは、ケイ素に科学的処理を加えた化合物です。シャンプーに配合すると高いコーティング効果があり、髪にツヤが出て手触りも格段に良くなります。

シリコンは医療品や食品にも入っているほど安全性の高い成分なのです。しかし、「化学的な成分」というイメージが先行して「毛穴が詰まる」、「抜け毛が増える」などの説が広まりました。

「シリコンが毛穴に詰まる」の真実
世間的には、「シリコンが毛穴に詰まる」という言葉が常識のようになっていますが、実はシリコンは毛穴には詰まりません。
なぜなら、シリコンの分子は毛穴の大きさよりも小さいからです。さらにシャンプーに含まれるシリコンは皮膚に付着しにくい構造になっていることも毛穴に詰まらない理由です。

ノンシリコンシャンプーのメリット

サラサラの仕上がりになる

ノンシリコンシャンプーには髪の表面をコーティングするシリコンが入っていないため、洗った後の仕上がりがサラサラでさっぱりしやすいです。

頭皮にシャンプーが残りづらい

シリコンシャンプーの場合、しっかりとすすぎに時間をかけないと頭皮にシリコンが残ってしまう危険があります。頭皮にシリコンが残ると肌トラブルにつながる危険があるので絶対にしてはいけません。

ノンシリコンシャンプーの場合、頭皮にシャンプー成分が残りづらいというメリットがあります。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

髪がきしみやすい

シリコンは髪のコーティング効果があるので、ノンシリコンシャンプーだと髪がきしみやすくなってしまいます。
ただ、最近のノンシリコンシャンプーは天然由来成分を使ったダメージ補修成分を含んだものが多いので、きしみに関しては昔ほどなくなりました。

価格が高い

シリコンはコーティング剤としては非常に安価なので、シリコン以外で髪のきしみを抑えようとするとどうしても価格が上がってしまいます。そのため、シリコンシャンプーと比べると少し価格が高くなってしまう傾向にあります。

シャンプー選びでホントに重視すべきは洗浄成分!


ノンシリコンシャンプーは、頭皮トラブルがある人や髪をサラサラに仕上げたい人にはおすすめです。ただし、ノンシリコンかどうかで使うシャンプーを決めるのは良くないです。

本当に重視すべきは、「シャンプーの洗浄成分」なんです。例えば、ラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naなど洗浄力の強い成分が入っていると、ノンシリコンであっても頭皮や髪に負担がかかってしまいます。

おすすめはアミノ酸系の洗浄成分であるココイルグルタミン酸やラウリン酸、ヤシ油脂肪酸などが入っているものです。頭皮と髪に優しいマイルドな洗浄成分なので、髪や頭皮に刺激を与えることなくシャンプーができます。

シャンプーの洗浄成分の種類と特徴についてまとめましたので、シャンプー選びの参考にして下さい。

こちらの記事でも洗浄成分でシャンプーを選ぶ方法について紹介しているので、参考にして下さい。

【もう失敗しない】美髪のためのシャンプーの選び方まとめ

2017.07.25

まとめ

ノンシリコンシャンプーのメリットは、頭皮や髪へのシリコンの付着がなくなってサラサラとした仕上がりになることです。

ただし、シリコンシャンプーかノンシリコンシャンプーかよりも、シャンプーに含まれる洗浄成分が強いものだと頭皮と髪への負担はかかってしまうので、シャンプー選びの際には洗浄成分もチェックしておくといいでしょう。

シリコンが入っているか?入っていないか?だけでなく、洗浄成分もしっかりと確認してシャンプーを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です