【あなたの髪は大丈夫?】急増する女性の薄毛の原因と対策まとめ

薄毛と言えば男性の悩みというイメージが強いかもしれませんが、実は薄毛に悩む女性の数は年々増え続けているんです。髪がだんだんと薄くなっていったり、ボリュームが出せなくなってしまうと思ったようなヘアスタイルも楽しめなくなってしまいます。

そこで今回は、急増する女性の薄毛の原因と対策法についてご紹介します!この記事が、薄毛に悩むあなたの参考になれば嬉しいです。

女性の薄毛の原因

1.加齢


年を重ねると、毛周期のサイクルも短くなり髪も変化していきます。髪だけでなく、体毛も薄くなっていくので薄毛は老化現象の1つと言えるでしょう。加齢によって髪が細くなったり、ツヤがなくなってしまうことは自然なことです。

2.女性ホルモンの分泌量低下

女性ホルモンには、抜け毛や薄毛を抑制する働きがあります。しかし、女性ホルモン分泌のピークは20代後半で、40代以降になると女性ホルモンの分泌量が大幅に減少してしまいます。男性ホルモンが優位に働き、薄毛に悩まされる女性が増えてくるというわけです。

3.過度のストレス

ストレスが原因で自律神経が乱れると、血行不良の原因になります。栄養の運搬がスムーズに行われなくなり、頭皮環境が悪化して髪にも影響が出てくるという流れです。世代問わず、強いストレスを感じている人は薄毛に注意する必要があります。

4.間違ったヘアケア

良い情報も悪い情報も、簡単に手に入る時代です。芸能人や有名な人が実践しているヘアケア方法でも、自分に合っていなければ逆効果になってしまいます。様々な情報をそのままとらえるのではなく、情報を取捨選択する目を養いましょう。

5.過度のダイエット


ダイエットで栄養が不足すると私たちの体は飢餓状態に陥り、頭皮や髪にまで栄養素が行き渡らなくなります。栄養素が髪に行き渡らないと、髪の成長が十分に行われずに髪が抜けてしまうんです。20代の若年層で起こる抜け毛や薄毛では、過度なダイエットが原因となっているケースが多いです。

女性の薄毛の種類

1.びまん性脱毛症

女性の脱毛症でもっとも多いのがこのタイプです。男性型脱毛症(AGA)と同様に、髪全体が薄くなるのが特徴です。頭頂部が薄くなりボリュームがなくなるので、見た目年齢を大きく引き上げる原因にもなります。

2.分娩後脱毛症

出産後に一時的に髪が抜ける症状のことで、半年~1年以内に自然に治っていく人がほとんどです。妊娠・出産による急激なホルモンバランスの変化が原因です。

高齢出産の場合には元に戻るまでに時間がかかるだけでなく、白髪が増えたり、髪が細くなったりすることもあります。

3.牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、エクステやポニーテールなど髪を強く引っ張る刺激が原因で起こる症状です。分け目の境界点ばかりに髪の重みがかかり、その部分に紫外線が当たり続けることで頭皮に負担がかかってしまいます。

若い世代の女性にも多いため、分け目や結び目が薄くなってきたという人は注意しましょう。

4.円形脱毛症

免疫の異常が原因で、ある日突然髪が抜けてしまう症状のことを言います。体を守る役割をするリンパ球が毛根を「異物」だと誤解して攻撃を加えるために髪が抜けてしまう症状です。ストレスが原因だといわれていますが、科学的な証明はされていません。

5.頭皮トラブルによる抜け毛

シャンプーやヘアケア剤などのトラブルで頭皮環境が悪化し、抜け毛が起こることがあります。頭皮で過剰に皮脂が分泌される「脂漏性湿疹」と、頭皮の乾燥でフケが多くなる「ひこう性皮膚炎」の2種類があります。

6.髪が抜けやすくなる病気

抜け毛や薄毛の症状の裏に、甲状腺の病気や鉄欠乏貧血などの病気が隠れていることも考えられます。これらの病気がある場合は速やかに医療機関を受診し、根本の原因ある病気の方の治療に専念する必要があります。

女性の薄毛の対策方法

1.食事を見直す

バランスの良い食生活は、薄毛改善の第一歩です。野菜や果物、海藻類などからビタミンやミネラルも摂取していきましょう。髪を作るのはタンパク質なので、肉類や魚、卵や乳製品をバランス良くとっていきましょう。

2.質の良い睡眠を取る

睡眠時に分泌される成長ホルモンは、細胞の生まれ変わりを促進する作用があります。また、ぐっすり眠ることで身体の疲労だけでなく、精神的な疲労も回復することができます。寝具や寝室の環境にこだわり、質の良い睡眠を意識しましょう。

3.運動を習慣化させる

血行不良の改善とストレス発散効果がある運動の習慣化は、体のためだけでなく髪の健康維持にもつながります。「ウォーキング」、「ジムでのエクササイズ」だけでなく、「掃除や洗濯などの家事」、「エレベーターやエスカレーターをなるべく使わない」などの日常生活の工夫も意識して行うと自然に運動量を増やすことができますよ。

4.ストレスを溜めない工夫をする

自分に合った趣味や楽しい時間の過ごし方を見つけることで、ストレスによる脱毛を防ぐ効果が期待できます。

5.髪の紫外線対策をする

紫外線などの外的ダメージは、肌だけでなく頭皮環境の悪化にもつながります。帽子を被る、日傘をするなど髪のUVケアにも力を入れましょう。最近では頭皮や髪に使える日焼け止めスプレーもドラッグストア等で販売されています。

健康な頭皮は青白い色をしていますが、ピンクや赤茶などの色味を帯びてきたら日焼けをしていると考えて下さい。

6.シャンプーを見直す


洗浄成分や配合成分にこだわってシャンプーを選びましょう。アミノ酸系のノンシリコンシャンプーは頭皮と髪の健康維持に効果的です。洗髪後の頭皮の状態をチェックし、今使っているシャンプーが自分に本当にあっているのかを見極めましょう。

7.シャンプーの方法を見直す


強く洗う、何度も洗うなど間違ったシャンプー方法は、頭皮や髪に負担をかけてしまいます。たっぷり泡立てて、爪を立てず全体をよく洗い、ぬるめのお湯でしっかりすすぐといいですよ。

8.育毛剤を使う


髪が薄くなったと感じたら、早いうちに手を打つのがおすすめです。ミノキシジルやセンブリエキスなどの育毛に効果があるとされる成分が豊富な育毛剤を選んで薄毛を予防しましょう。

女性の薄毛対策におすすめの育毛剤

ここでは、女性向けのおすすめ育毛剤を紹介します。

ベルタ育毛剤

女性の育毛剤の売り上げ・人気度ともにNo.1のベルタ育毛剤は、浸透力が高い天然由来成分で出来た育毛剤です。業界最大級の56種類の成分をたっぷり配合!ナノ浸透処方の細かい粒子で、栄養成分が浸透しやすいため効果も抜群です。抜け毛や薄毛が気になる人や、産後の抜け毛に悩むママにもおすすめです。

ミューノアージュ

医師が開発に携わった皮膚科医発想の育毛剤ミューノアージュは、頭皮を健やかに整え、薬用育毛成分の力で太い髪を育てていきます。1剤の頭皮美容液と、2剤の薬用育毛剤のダブルアプローチするミューノアージュで、年齢に負けない強い髪を目指しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?女性の薄毛というのはまだ一般的ではないため、どのように対策をしていけばいいのかわからない方も多いと思います。加齢によって髪が細くなったりハリ・コシがなくなってしまうのは仕方のないことですが、生活習慣やヘアケアの方法を見直すことで改善できることもあります。

「もしかして、薄毛かな?」「最近抜け毛が増えた気がする。。。」

このように感じることが多くなったら、女性の薄毛の原因と対策方法を見直して、自分のできるところから改善をしていきましょう。薄毛を過度に気にすることがストレスになっていることもあるため、正しい方法で対策を続けながら、毎日を楽しく過ごして欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です