美容師が教える!洗い流さないトリートメントの正しい使い方とは?

ダメージヘアの改善のために使っている人も多い洗い流さないトリートメント。自己流の使い方をしている人も多いアイテムです。しかし、それではせっかくのトリートメント効果も半減してしまいます。そこで今回は、美容師が直伝の洗い流さないトリートメントの正しい使い方をご紹介します。

それから、洗い流さないトリートメントの効果や種類や特徴・おすすめの髪質なども合わせてお伝えしますので、それを参考に選んでみてください。私がおすすめする商品もぜひご参考ください!

洗い流さないトリートメントの正しい使い方

1.髪の水分を拭き取る

濡れた髪に使う洗い流さないトリートメントですが、髪がビショビショの状態だと水分の膜が邪魔をして浸透率が低くなります。しっかりとタオルドライして、髪の水分を拭き取っておきましょう。

2.手のひらに出す

洗い流さないトリートメントを塗る前には、一度手のひらに出しましょう。直接髪や頭皮にプッシュすると塗りムラが出てしまいます。

3.毛先に揉みこむ

乾燥やダメージが目立つ髪の中間部分~毛先に、しっかりとトリートメントを揉みこんで浸透させていきます。

4.その他の部位に馴染ませていく

毛先の方から、下から上に馴染ませていきます。トップにボリュームが出にくいという人は、髪の中央くらいまでで止めておきましょう。頭皮につくと毛穴詰まりに原因になるのでご注意ください。

5.ドライヤーで髪を乾かす

トリートメントを塗り終わったら、普段通りドライヤーをかけてOKです。ドライヤー後にもう1プッシュ付け足すとより効果的です。

洗い流さないトリートメントの効果

1.ドライヤーの熱から守る

洗い流さないトリートメントは乾燥を防ぎ、ドライヤーの熱から髪を守る働きがあります。中には、ドライヤーの熱に反応してダメージを補修してくれるタイプのトリートメントもあります。ドライヤーだけでなく、ヘアアイロンを使うときも役立ちます。

2.ツヤを与える

髪をコーティングする効果があるので、洗い流さないトリートメントはツヤ出し効果も抜群です。外出前に髪にツヤがないことに気づいたら使ってみると良いでしょう。

3.保湿効果

ダメージを受けている髪は水分量も不足しがち。保湿成分をたっぷり含んでいるので、乾燥が気になる髪にピッタリです。

4.ダメージ補修

ダメージを受けた髪を保護する働きがあります。髪の内部に入るのではなく、髪の表面のダメージを補修するイメージです。

5.環境から守る

髪の表面に皮膜を作るトリートメントは、大気汚染やエアコンなどの外的環境から髪を守る働きがあります。

6.UVケア

紫外線を浴びると、髪のキューティクルがはがれてパサつきやゴワつきの原因になります。UVケア効果がある洗い流さないトリートメントを使えば、髪の紫外線対策もバッチリです。

7.スタイリングのベース作り

髪の修繕・補修効果がある洗い流さないトリートメントは、髪を扱いやすくし、スタイリングのベース作りにも効果的です。

洗い流さないトリートメントの種類と向いている人

ミスト

ミストは髪の補修効果がピカイチ!有効成分が髪に浸透しやすく、軽くサラっとした仕上がりが特徴です。ベタつくトリートメントが苦手な人や、カラーやダメージで髪が傷んでいて、ハネたりうねったりしている人におすすめです。

ミルク

水分と油分を配合しているミルクタイプのトリートメントは、保湿・補修効果に優れており、ウェーブヘアをしっとり見せたいという人に適しています。

クリーム

水分と油分を含み、柔らかいテクスチャーで馴染みがいいクリームタイプのトリートメントは、保湿・補修効果があってスタイリングのベースとしても優秀。パサつく髪をまとめたいという人におすすめです。

オイル

最近人気のオイルタイプ。ドライヤーやアイロンの熱、乾燥から髪を守る効果に優れており、傷みが気になる人クセ毛硬い髪質の人に適しています。髪の質感をウェットに変えられるのでスタイリング剤としても◎

おすすめの洗い流さないトリートメント

ミストタイプ いち髪 潤い香る 和草シャワー

和草エキスの潤い成分で、しっとりまとまって根元から毛先までまっすぐになります!UVカット、湿気コントロール、静電気防止成分など、さまざまな成分をバランス良く配合しているのもおすすめポイントです。

 

 

ミルクタイプ アリミノ ミルクライングロス milk

さっぱりしていてベタつかないのに、保湿効果が抜群のミルクタイプトリートメントです。髪が細い人や少ない人におすすめで、濡れた髪に使うと浸透性がアップしてツヤも出るのでおすすめです。

 

 

クリームタイプ 資生堂 マシェリ

クリームタイプのトリートメントの中でもおすすめなのがこちら。髪への伸びがよく、すぐになじむのでトリートメント効果が高いです。浸透性が高いので、髪のダメージが強くて補修がしたい人にもおすすめです。容器にフタがくっついているので、手軽にサッと使えるのもいいですね。

 

 

オイルタイプ LUX バイオフュージョンバイタルリペアオイル

毛髪保護成分SAiB(イソ酪酸酢酸スクロース)と紫外線吸収剤(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)の配合が魅力的なオイルタイプのトリートメントです。伸びがよく、髪へのなじみも良い優秀なトリートメントです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?洗い流さないトリートメントをなんとなく使っていた人も、正しい使い方・選び方が分かったと思います。

洗い流さないトリートメントにはドライヤーの熱から髪を守り、ツヤを出す以外にも様々な効果があります。トリートメントの種類も増えていて、髪質や仕上がり状態などから好みのものを選んでみてください。美容師おすすめのトリートメントもぜひ参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です